兼業投資家キリンの株式投資ブログ

本業では会計・法人税関連の実務を細々行う兼業投資家の投資メモ、仕事論などを綴ります

個人投資家がIRセミナーに参加する意味と注意点

今は関西に住んでるので東京のころほどの機会はありませんが、私はIRセミナーに参加するのが好きです。

IRセミナーでは企業の経営者(担当者の場合ももちろんありますが・・)の言葉で説明される内容を聞き、その場で直接質問できる場合もある点がメリットです。

昨今はweb上で説明動画が閲覧できたり、不明点はIRに問い合わせることもできますが、予定のつけられる限り参加するようにしています。

その際、もともと自分が保有していたり、関心を持っている企業の説明が聞ければよりよしではありますが、個人的には知らない銘柄、あまり関心なくて調べたことない銘柄しか来ない会も当然あります。

そういう場合は正直気が進まないことも少なくないですが(失礼)、知識のない企業・業界の基礎的理解を得ることは無駄ではないですし、時には新しく興味をもつきっかけになる場合もあるので、個人的には毛嫌いせずに機会のある方は気軽に参加されてはと思っています。


ただ、気を付けるべき点もあります。

それは、『実態以上に良い銘柄と思えて買いたくなってしまいがち』なことです。

直接話を聞いて理解して株価も高くなくて、と条件がそろってくると買いたくなります。人間ですから。

ですが、もしかしたら同業でほかにもっと買うべき銘柄があるかもしれない、とか、いい銘柄だけど今じゃない、という場合もあります。

情を持ちすぎず投資判断は冷静に行うことが必要と思います。


というわけで、イベントスさんが8/30に神戸で開催されるセミナーに申し込んでみました。


休みが取れたら予定通り参加したいと思います!

Twitterでもつぶやいていますtwitter.com


議決権クオカ到着 今年2枚目

ブロードメディア(4347)から議決権クオカが届きました。


最近はコンビニとかでは数ある●●payのうちキャンペーンで有利なやつを選んで使うことが多く、クオカードの出番が限りなく少なくなっています。

結果として、株主優待とか議決権行使でいただいたもののうち、未使用クオカードは25枚28,500円分となりました。

議決権クオカは個々のリターンとしては微々たるものですが、株主優待と比べると権利落ちがないことが多く、トータルで損しづらいのが魅力です。

一方で、議決権クオカは株主優待と異なり、企業が公式に発表しているものではないため、予告なく廃止される場合があることは頭に入れておく必要があります。

また、本日は7月末権利取得の最終営業日ということで、昨年議決権クオカがあった「ウインテスト(6721)」を100株買っています。

ただ、実は以前買ったのを失念するミスをしていたらしく、不必要に200株になってしまいました...

あとは今年も議決権クオカがあることを祈るのみですw


Twitterでもつぶやいていますtwitter.com


銘柄チェック ヒガシトゥエンティワン(9029)

久しぶりの銘柄チェックですw

今回はすごく地味でしぶい銘柄、ヒガシトゥエンティワン(9029)について書きます。


【会社の概要】

・設立は1944年と古く、上場は2005年(阪神タイガースが最後に優勝した年)

・その昔は「大阪東運送」なる名称だった時代もあるように、関西圏を中心とした運送会社(現在も大株主は関西電力日本生命などの大手企業)

・近年は首都圏での事業拡大も進めている。


【業績推移】

・首都圏での事業拡大を背景に近年は増収増益傾向。

・過去は長きにわたり横ばいの期間が続いていた。逆に、リーマンショックの時期も黒字を維持し、底堅さを見せている。


【'20/3期第1四半期の状況】

・7/26第1四半期開示。

・前年同期比で営業利益▲19.8%減、経常利益▲17.1%減と見た目悪い数字。

・ただし、
 ①前年1Qは発表翌営業日がストップ高になるほどの好内容だった
 ②前年1Qの利益には貸倒引当金戻入によるかさ上げ分が含まれている(金額は不明)
 ③2年前と比べると売上+25%、営業利益+35%程度のプラス

・上記3点を踏まえると、個人的にはそこまで悲観的な数字とは思っていません。


【株主還元】

配当利回り3.17%(7/26時点)

株主優待:500株以上でクオカード


【株価の状況/まとめ】

・2018年前半は400円台で推移、1Q好決算で窓を開け、9~10月には700円台をつける。

・その後2Q発表を受けて逆に窓を開けて下落。以降、現在に至るまで再び400円台で推移。

・今回の見た目悪い1Qを受けた明日以降の推移をチェックしておこうと思います。

・中長期的に見れば、2025年大阪万博を控えちょっとおもしろい銘柄になる可能性もある気もします。

・その意味で、数年間ほったらかす前提で持つという判断をするかもしれない銘柄です。


※当記事は投資を推奨するものではありません。判断は自己責任でお願いします。


Twitterでもつぶやいていますtwitter.com


はてなブログ読者数が200名となりました御礼と自己紹介

たいしたことは書いてない当ブログではありますが、ありがたいことにはてなブログ読者数が200名となりました。

お読みいただいてる皆様ありがとうございます。

最近登録いただいた方もおられますので、キリのいい数字のタイミングで定期的に自己紹介を書いておこうと思います。

私キリンはこういう人物です。


・38歳兼業投資家

・本業は経理関連、中間管理職(サラリーマン16年目)

株式投資歴5年目

・現在の投資方針:現物はインカム(配当・優待)銘柄、グロース銘柄は数日~数ヶ月以内で利益出すことを目的に基本的に信用で売買。優待クロス勉強中。

・「神戸投資勉強会」を今年から主催(Twitterにて運営)

高校野球地方大会マニア。プロ野球阪神千葉ロッテを応援。

・このブログでは主に「相場メモ」「Tポイントを使った端株ポートフォリオ」「勉強会メモ」「中間管理職としての仕事論」などなど。「適時開示メモ」とか追加してく予定。


筆不精なので毎日更新できるわけではありませんが、引続きよろしくお願いします。

Twitterのほうも気が向いたらぜひごらんください!


Twitterはこちらtwitter.com


初めての議決権行使クオカード到着

ダイトウボウから議決権行使クオカードが届きました。

そもそも議決権クオカというものを最近まで知らなかったので、今回が初めての取得となります。

議決権クオカードとは、の説明をすべきところではありますが、こちらを見ていただければ全てわかるのでご覧いただくこととしてサボらせていただきますw

zaitech-life.com

引用させていただいたのは「けーさん@株ブロガー」(以下、けーさん)というハンドルネームでTwitterもされている若手投資家さんの人気ブログの記事です。

けーさんはまだ20代前半の関西を代表する凄腕若手投資家さんのお一人です。

基本的にはグロース銘柄を中心に投資をされていますが、今回引用させていただいたように「議決権クオカード」のようなコツコツ拾えるものもソツなく獲得されていく、攻撃力と堅実さを兼ね備えた引出しの豊富な投資家さんです。

また、プロ野球オリックスバファローズをこよなく愛しておられ、千葉ロッテファンの私と京セラドームでオリックスロッテ戦をケンカしながら観戦させていただいたこともありますw

というわけで、年齢では私のほうがひとまわりどころじゃないぐらい上なんですが、投資家としてはこちらが尊敬させていただいております。

ブログのすばらしさはお読みいただいて感じていただければと思いますので、ここでは「けーさんあるある」を列挙して締めくくりたいと思います。


Twitterのつぶやきでマウントしがち


・球場まで行った試合オリックス負けがち


けーさんこれからもよろしく!


Twitterでもつぶやいていますtwitter.com


IFRSで「のれん」定期償却が採用されたら・・

先日、7/19に日経新聞の記事をきっかけに
『投資初心者の方も知っておきたい「のれん」についての基礎知識』
というタイトルで投稿しました。

www.kirin520.work


その中で、会計基準間でのれん償却のルールが違いますと書きました。

日本基準では最長20年での定期償却が必要、一方で欧米の基準では定期償却は不要という内容です。


今回はこの件の補足で、昨年あたりから、IASB(国際的な会計基準を検討する団体、と理解ください)のほうで、
【国際基準でも日本みたいにのれん償却したほうがええかも】となり始め、議論がなされています。

ただ、期間損益への影響がかなり大きいだけに、当然ながら慎重派も多く、議論の行方は不透明、というのが現状のようです。

(参考)6/26日本経済新聞記事

もしIFRSでのれん定期償却が義務付けられることになったら・・

6/26付日経新聞記事によると、多額ののれんを計上する日本企業として、ソフトバンクグループ武田薬品工業の2社が記載されています。

仮にIFRSで日本基準同様の償却ルール(最長20年)が適用された場合の単年度利益に与える影響をざっくり見てみましょう。

社名 ①のれん金額 ②単年度償却(①/20) ③'21/3期税前利益 ②/③
ソフトバンクグループ 4.3 0.215 2.7 8.0%
武田薬品工業 4.1 0.205 0.16 128.1%

(金額は兆円単位、①は6/26日経新聞記載数値、③は四季報記載数値)

ソフトバンクも業績のブレはかなり大きいんで、'21/3期という一時点だけをとらえたものになるのは必ずしも適切な見え方ではありませんが、それでもまぁソフトバンクはさすがの利益規模ですね。のれん償却を行ったとしても単年度利益への影響は軽微と見えます。

一方、武田薬品
こちらはシャイアー買収により一気にのれんが膨らんだ格好になっています。
'21/3期時点では単年度利益でのれん償却額をカバーしきれない公算になりますね。


このように、のれん償却の影響度は会社によってはかなりのインパクトを与えることが見込まれます。

影響が大きすぎるので、個人的にはIASBの議論のなかでのれん償却の方向に進む可能性は高くなく、仮に進んだ場合でも、日本のように最長20年ではなくもっと長期での償却を認める落としどころが模索されるのかなという気がします。

いずれにせよ、IASBの議論の状況については引続き注視していきたいと思います。

Twitterでもつぶやいていますtwitter.com


SBIネオモバイル証券を使った端株ポートフォリオ(2019.7.19)

今年サービス開始されたSBIネオモバイル証券では手持ちのTポイントを使用して株を購入することができます。

SBIネオモバイル証券はこちら
www.sbineomobile.co.jp

Tポイントと端株から得られる配当のみででコツコツ端株を買い続けることとしており、
・現金を使わずに配当金をもらい続けること
株主優待の長期優遇の権利確保

を目指してまいります。

前回更新時より、明光ネットワークジャパン(4668)を1株買いました。

同社は連続増配で有名な会社でしたが、2019.8期に減配をしています。

減配はあったものの、ここはクオカード優待の長期優遇もあるため、ひとまず端株ポートフォリオの仲間入りです。

8月末が権利日となるため、クロス含め取得を検討していきます。

Tポイントだけで購入した端株ポートフォリオ(7/19)
No 銘柄 株数 予想配当額(年間)
1 積水ハウス 1 81
2 学情 1 37
3 双日 1 17
4 JT 1 154
5 サムティ 1 77
6 ケイアイスター不動産 1 84
7 上新電機 1 42
8 セブン銀行 1 11
9 ベリテ 1 19.94
10 ホンダ 1 111
11 日本和装 1 13
12 日本創発 1 24
13 三菱ケミカルHD 1 40
14 FPG 1 53
15 近鉄エクスプレス 1 30
16 ヒューリック 1 28.5
17 ジーテクト 1 48
18 明光ネットワーク 1 30
配当計 - - 900(税後717)

年間予想配当は税前900円まで来ました。
Tポイントが配当を産んでくれるのはありがたいです。

今後もTポイントを入手する都度端株購入を行い、現金を使わずインカムゲインを積み上げていきたいと思います。

Twitterでもつぶやいていますtwitter.com